OFFLINE

  • Nível 1
  • Seguindo 73
人工知能の歴史

- 人工知能の夜明け(〜1956)
機械による計算が可能になり,コンピュータが開発されると,今まで哲学・数学・論理学・心理学などの分野で論じられていた「人間の知的活動を行う機械」を作る試みがいくつか始められました.W.McCullouchとW.Pittsの人工ニューロンの提案,C.ShannonやA.Turingによるチェスのプログラムの作成,M.MinskyとD.Edmondsによる人工ニューロンの制作などの試みがこれにあたります.1956年にはJ.McCarthyらが発起人となった“ダートマス会議”で,この研究分野が“Artificial Intelligence(人工知能)”と呼ばれるようになりました.

   1923 K.Kapekが“R.U.R. (Rossum's Universal Robots)”がロンドンで上演.初めてロボットという言葉が用いられました.
   1943 W.McCullochとW.Pittsが“A Logical Calculus of the Ideas Immanent in Nervous Activity”を出版.ニューラルネットワークの基礎となりました.
   1943 A.Rosenblueth,N.Wiener,J.Bigelowが論文で“サイバネティクス”という言葉を用いました.
   1945 V.Bush “As We May Think”を出版し,将来,コンピュータが人間の活動を補助することを予見しました.
   1946 J.P.EckertとJ.W.Mauchlyが最初のコンピュータENIACを開発.
   1947 A.M.Turingはロンドン数学学会の講義で,現在の人工知能の概念を提唱しました.
   1950初 J.von Neumannは,不可能であるとされていた自己再生可能な機械を,29種のセルを用いて可能にする自己増殖オートマトンを示しました.
   1950 A.M.Turingが“Computing Machiery and Intelligence”を出版.知的活動をテストする方法としてチューリングテストを示しました.
   1950 C.Shannonが探索問題としてのチェスの解析を行いました.
   1950 I.Asimov がロボット3原則を発表しました.「人間を傷つけてはなならい.傷つくのを看過してはならない」「第1原則に反しない限り,人間の命令に従わなくてはならない」「第1,第2原則に反しない限り自分の身を守らなくてはならない」
   1951 M.MinskyとD.Edmondsが40個のニューロンをシミュレートするSNARCを制作.
   1955 手塚治虫の鉄腕アトムが出版されました.
   1956 ダートマス会議が行われました.J.McCarthyにより“Artificial Intelligence(人工知能)”という言葉が使われました.A.Newell,J.C.Shaw,H.Simonによって,最初..